スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
おかあさんの詩です。
2011 / 07 / 06 ( Wed )
きのうはぼくの26回目の誕生日でした。
天のみんなと、とても楽しい一日を過ごしました。
そして、今日はぼくの弟、トランプがこちらに来た日です。
おととしの今日、トランプはぼくたちのところにやってきました。
とても安らかな顔でした。

今日はおかあさんが詩を書きました。
ぼくたちは
たいせつなことをおもって
まいにちたいせつに過ごしてた…
ほんとにそう思います。

ぼくにとっても
ほんとうにかけがえのない毎日でした。
きっとトランプにも。

* * *


あの日々


しあわせに満ちていたあの日々に戻りたい…
26回目の誕生日に、ふとそう思います。

わたしは若くて
みずみずしく
意欲に溢れていた

けれどもたくちゃんとトランプ
わたしのいとしい子たちは
いまも
光の中で
音と戯れている

あなたたちに
おかあさんは音を紡ぎ続けますね。
天でくつろぎなさい。
そしてたくさんのお友だちと
おはなししなさい。

たいせつなおはなしを。
わたしたちがほんとうにたいせつにそだてていかなければならないものは何か、というおはなしを…。

そう、何も変わっていない
あの光に満ちた日々も
たしかにそんなおはなしをしながら
毎日を過ごしていた。

あの日々のしあわせは
いまもずっと続いている。

目には見えなけれど
あなたたちはここにいて
身体には感じないけれど
わたしはそちらにいる。


     2011/7/6




スポンサーサイト
20 : 40 : 30 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。